suchmos どう?

suchmos売れてるみたい。

 

never young beach,

yogee new wavesとかと

一緒に出てきた印象だけど、

彼らが一番分かりやすく売れてるのかな。

 

youtubeの再生回数とか、

コメントみると、

全然別の層にまで届いてる印象。

 

ぼくもいいとおもうけど、

ああいう感じの音楽がひろく

認知を獲得するって、

へぇ〜、そういう感じなのね、と

妙に感心してしまう。

 

個人的には、

新しいものを提示してる

人々が好きなので、

(言わずもがなだけど、

ぼくがそう感じるというだけ)

world recordのときのceroとか、

片想いとか、応援したいが。

 

ライブいきたいのは、

うーん、

阿部海太郎かな〜

あ、蓮沼執太フィルももう一回みたいな〜

広告を非表示にする

【観劇】ヨブ呼んでるよ

鳥公園のヨブ呼んでるよ、を大学時代からの

友人と見てきた。

 

旧約聖書ヨブ記から着想を

得て描かれた作品。

 

観劇にあたって、

鳥公園主催の西尾さん(だっけ)の

インタビューを結構読んで

そういうモードになって観た。

 

おも、面白いのかな。

 

筋は複雑だけど、ぎりぎり追えるラインなので

台詞は結構直接的なメッセージが

あったけれど、

含みがあるというか、

余韻があるというか、

解釈の余地があるというか。

 

じゃあ、もう一回見るか?

 

うーん、どうだろうね。

 

別の作品なら観てみたい

 

 

 

レンズメモ

α7iiを買ってから、

レンズ熱、再燃である。

 

◾️買ったレンズ

carl zeiss sonnar t* fe 55mm f1.8 za

carl zeiss sonnar t* fe 35mm f2.8 za

 

◾️欲しいレンズ

carl zeiss loxia 2/50

nokton 40mm f1.4

 

◾️欲しいカメラ

M4

 

◾️現状の整理

今持ってる、55mmと35mmだと、

出番的には35mmの方が多そう。

新しいレンズを買うなら、

55mmにはサヨナラすると思う。

 

家族3人で出かけるには35mmという画角は

とっても使いやすい。

 

新しいレンズに何を求めるか。

やっぱりボケだよね〜。

55mmも決して悪くないけど、

素直すぎるというか、

量感に乏しいというか。

 

作例を見る限りだと、

Noktonはかなり良さそう。

とっても好み。

Loxiaもレンズ構成が

プラナー型と呼ばれるもので

これも好きなボケ方をする。

 

じゃあなぜはじめから、

そちらの2ついずれかを買わなかったのか。

 

理由は2つ。

55mmのボケ方を自分で買って確かめたかった

Noktonはfeマウントがなかった。

 

Noktonはsony用 feマウントが出ておらず、

アダプターを介さないと装着できない。

でもアダプターはアダプターで

ある程度の値段がするし、

これを買ってしまうと

選択肢が一気に広がり、あれもこれも、

となりそうで怖かった。

 

続く。

広告を非表示にする

【観劇】ウズベキスタンにむらむらする

平田オリザ

演劇入門を読んで以来、

ずっと彼の関わる仕事をみたくて、

観劇にいってきた。

 

価格は2野口、あるいは1一葉。

 

結論非常に面白く、今度は

ヨブ呼んでるよという、

鳥公園という劇団の

舞台に行ってくる。

 

これは平田オリザ

関わっていないけど、

演劇全般についての

興味が喚起された印象。

 

ウズベキスタンにむらむらするは

フライヤーのイラストが

遠浅の部屋をかいた、

あの漫画家で、

タイトルに惹かれて行ってみた。

 

概要については

割愛。

 

興味ある人は

調べたらいいと思う。

婚活の話らしかったけど、

1人で生きることが

テーマだったのかなぁ。

 

あの価格で、

あのクオリティのものが、

こんなに簡単にリーチできるなんて、

今まで損してた気分。

 

小竹向原駅から

ちょっと歩いたところにある

無鱗館という劇場でやっていて、

帰りに、江古田の駅の焼肉屋で

ごはんを食べた。

食べ飲み放題で1人二千円くらい。

こちらも謎のコスパである。

 

 

 

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z その2

f:id:o0oo0o:20170220061645j:image

東京ドーム、存在感すごい

 

f:id:o0oo0o:20170220061607j:image

この手の斜めの影に弱い

 

f:id:o0oo0o:20170220061612j:image

一応、こういうやつも

 

α7 iiにまだ慣れず、

露出のコントロールが微妙

 

 

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z

f:id:o0oo0o:20170218221716j:imagef:id:o0oo0o:20170218221710j:image

f:id:o0oo0o:20170218221729j:image

f:id:o0oo0o:20170218221759j:image

 

ちょっと光が微妙だったのだけど、、、

多摩動物公園で試写してきた。

 

みんな55mm f1.8がいいっていうけど

ボケの感じが素直すぎて、

好きになれず、

ほんとはloxia 50/2を

買うつもりだったんだけど、

いきなりマニュアルもなぁ、と思って。

 

お店で試し撮りして

一番雰囲気のよかった

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Zを

買いました。

 

DA★ 55mm f1.4をずっと使ってきて

あのボケ味が好きで

なんか雰囲気似てるように感じたんだよな。

 

この週末は曇りみたいだから、

あんまり綺麗な色がでないけど、

もりもり作例を出していきたい。

 

多分レビューの多さで55mmに

惑わされてるんだと思う。

 

35mm f2.8いいレンズだよ

 

f:id:o0oo0o:20170218222629j:image

 

f:id:o0oo0o:20170218222707j:image

 

f:id:o0oo0o:20170218222753j:image

 

 

 

いつも忘れる名言

備忘としてメモ。

 

村上春樹 やがて悲しき外国語より

 

以下引用

 

情報が咀嚼に先行し、感覚が認識に先行し、批評が創造に先行している。それが悪いとは言わない
けれど、正直言って疲れる。僕はそういう先端的波乗り競争にはもともとあまり関わってこなかっ
た人間だけれど、でもそういう風に神経症的に生きている人々の姿を遠くから見ているだけでも
けっこう疲れる。これは全くのところ文化的焼き畑農業である。みんなで寄ってたかってひとつの
畑を焼く尽くすと次の畑に行く。あとにはしばらくは草も生えない。(P47)

 

以上。

 

広告を非表示にする