暁星記読んだ

 f:id:o0oo0o:20170420070059j:image

carl zeiss sonnar t* fe 35mm f2.8 za

sony α7ii

 

近所の公園。春はいろんな花が咲くね。

 

500円が8巻だから
4000円か。

目をつけている

アディダスのスニーカーの
結構な足しになるで。

 

さて、
一冊200ページと
結構なボリュームだが、
1日で読みきってしまった。

 

いつも10時に寝てるのに、
これのせいで11時に就寝してしまい、
頭痛い。

 

あらすじは、
おいておいて、
画面の描き込み具合が
五十嵐大介的。

画面を見るだけで、
テンション上がる。

 

タッチはベルセルクのあの人みたい。
三浦さんだっけか。
1つ1つの線がすごく丁寧。

なんとなく、
蝕のシーンを思い出した。

 

暗くなって読むのを途中で
やめてしまった、という
意見もあったけど、
あの落差はなんか意図したものな感じがするな。

 

個人的には、
これは見逃してはならない!
という謎の使命感に駆られ、
後半はまとめ買いしてしまった。
火の鳥みたいに、何か
すごくスケールの大きなものを
取り扱ってる感、というか。)

 

いずれにせよ、4000円後悔なし。
アニメ化しても面白そうだが。
この世界の片隅に、みたいに
クラウドファンディングだったら
集まらないものかね、制作費。

 

広告を非表示にする